トップページ_ブックリレー

一年以内に自分らしいビジネスを始めたい
大人の女性の方へ
起業の基本が学べる無料メルマガレッスン

ビジネス洋書ブックリレー

女性のみなさま、起業や副業をきっかけに、
自分らしい人生を送りたいと思いませんか?
日本人でもすぐに実践できる”起業のいろは”
世界中の洋書からピックアップする
無料メールマガジンです。

今すぐ無料でメルマガ登録する 

ABOUT US

ビジネス洋書ブックリレーとは?

すぐ実践できる海外の良質なビジネス書からエッセンスをピックアップ
1:起業のアイデアやマーケティングが学べる良書を厳選
2:忙しい人でもすぐ読めるよう要点をピックアップ
3:レビューは自ら日本向けに解説
4:日本では手に入らないヒントが学べます

洋書ブックリレー

今すぐ無料で登録する

VOICE
読者のみなさんの声

 


☆☆☆☆☆いきなりコンサルティングを受けるのは抵抗があるけど…


M.Nさん

コンサルティングをいきなり受けるとなると、ちょっと身構えてしまうのですが、この講座は、適度な距離感があります。一歩踏み出したいけれど、何から始めたらいいかわからない。人にまだ相談するほどではない。そんな人には、ちょうどいいと思います。


☆☆☆☆☆このまま転職を繰り返しても…と悩んだときに

M.Yさん

「このまま転職を繰り返しても、自分らしい働き方に出会えるだろうか」と悩んでいたときに、梨紗さんのマンツーマンでのコンサルティングを受講しました。今は、少しずつですが、自分が自信を持てる専門性がはっきりしてきたように思います。日本にいながら、海外の仕事術やライフワークを学べる教材はなかなかないと思います。今の仕事をこのまま続けていいのだろうか、と思っている人にお勧めしたいです。


☆☆☆☆☆起業のイメージが湧いてきた

M.Yさん

私は海外に住みながら、起業する方法を模索してきました。なんとなくやりたい分野は決まっていたものの、具体的にどうしたらいいかがわかりませんでした。でも、この講座を続けていくうちにイメージが湧いてきたり、ビジョンが少しずつ定まってきたように思います。また、一つ一つの回に、日本では学べないような、明確なエッセンスが入っています。隙間時間に手際よく情報収集したい方にオススメです。

 


一年以内に起業したい女性の方へ
海外の起業家たちから、こんなヒントが学べます

 

80%アプローチで商品をリリースするべき理由
“The 80% Approach”

ダン・サリヴァン著
試し聴きはこちらから↓
◆先延ばしをすることによってかえって自信を失う?完璧主義の罠とは?


◆スティーブ・ジョブズがGreatだった理由

「この状態では、誰も申し込んでくれないんじゃないか…」
新しい商品やサービスをリリースする前は、不安でいっぱいですよね。こんな不安を吹っ飛ばしてくれるのが、80%アプローチです。
起業家コーチのダン・サリヴァンさんはこう言っています。「80%の力加減でやった方が、実は、120%の力で取り組んだときよりも、クオリティーの高いものができあがるんだ」
いったい、これはどういうことなのでしょうか。海外のトップ経営者がたちが持っている4つの自由もご紹介。

コンサルビジネスをやりたい人に知っておいてほしい真実。コンサルし過ぎると嫌われる?
“The Coaching Habit Say Less, Ask More & Change the Way You Lead Forever”

マイケル・バンゲイ・スタニエ著
試し聴きはこちらから↓
◆あえて時間をかけてでも、コーチングを取り入れるべき理由


◆クライアントとのセッションで最初にするべき質問
Whats on your mind?  in”ではなく”on”の理由

もしあなたが、コンサルタントとして起業したとします。最初のお客さんとのセッション、どんな一言をかけますか?コンサルタントは的確なアドバイスをする立派な仕事です。でも、コンサルしすぎてしまうと、正しいアドバイスであったとしても、お客さんに受け入れてもらえないかも?

仕事にライフスタイルを合わせるのは、もうおしまい。 ライフスタイルに合わせて、もっと自分らしく働く。
女性のための孫子の兵法

“The Art Of War For Women”
チン・ニン・チュー著
試し聴きはこちらから↓
◆アメリカ人のお父さんが絶賛するバイブル本 「これを極めたら世界中どこでもやっていける」

◆中国からアメリカに渡った女性起業家から学ぶ、「賢く、しなやかに自分のスタイルを貫く」コツ

仕事とプライベート、どちらを取ったらいいか、悩んだ経験はありませんか?
起業して幸せな人生を歩んでいる人の共通点のひとつは、「ライフスタイルに合わせて仕事をしている」こと。著者は、中国で生まれ、台湾に渡り、20歳でアメリカに渡った起業コンサルタントです。
台湾とオーストラリアでベストセラーになったキャリアバイブル本から、戦わないで賢く生きる秘訣を学びます。
ライフスタイルに合わせた起業をあなたも目指してみませんか?

成功しているCEOは、趣味もぶっ飛んでる?
ハーバード・ビジネス・レビュー
Emilia BuneaSvetlana N. KhapovaEvgenia I. Lysova著
試し聴きはこちらから↓
◆海外のCEOはどうやって時間を作ってる?

◆トップ経営者が海外に行けるのは、”○○○○”を持っているから?

起業したら、趣味も家族との時間も、すべて捨てないといけない。そんな風に思っていませんか?
実は、成功している海外のCEOたちは、夢中になれる趣味を持っているのです。
彼らが持っているのは、“Serious Leisure Interests”つまり、「超真面目に趣味に没頭している」ということ。
例えば、パイロットのCEOが革新的な会社を立ち上げたり、フルマラソンにチャレンジしている社長さんは、会社の業績もいい。ポイントは、ちょっとした趣味ではなく、ぶっ飛んだ趣味なんだそう。ぶっ飛んだ趣味とビジネスのパフォーマンスは、どんな風につながっているのでしょうか?

 

こんな人にオススメです

1.今の仕事や生活。悪くはないけれど、何かが足りない
2.やってみたいことがあるけれど、なかなか行動に移すことができない
3.海外から家庭と仕事のバランスやコミュニケーション術を学んでみたい

何歳からでも自分らしく生きたい女性の方へ
自立と幸せのヒントをお届けします

洋書ブックリレーがオススメな理由

・海外の起業家たちから良質な情報を収集できる
・良書のみ厳選してピックアップ。短時間でポイントを押さえられる
・続けていくことで、自分らしいビジネスのアイデア、集客、お金の作り方がクリアに


一年以内に起業をしたい。そんなあなたの夢をわたしたちがサポートします

はじめまして、隅田貫と申します。
日本の銀行に入社後、ドイツへ渡り、40代のときにドイツ現地のファミリー企業に転職をしました。
日本に戻ってからは、”仕事の「生産性」はドイツ人に学べ”という本を出版させていただきました。
その本をきっかけに、日本の方が、より自分らしくご活躍いただくための支援をしております。

ドイツ人の自立、日本人の自律

カン・マネジメントオフィス株式会社 隅田 貫 

慶應義塾大学卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)に入社。フランクフルト支店勤務などを経て、2005年独老舗プライベートバンクメッツラー・グループ本社入社。唯一の日本人として日系機関投資家向け投資顧問業務を担当。
約20年のドイツ勤務経験を活かし、グローバルな働き方を提案する著書「仕事の生産性はドイツ人に学べ」を執筆。本書の内容がテレビやメディアでも取り上げられ、現在は、グローバル人材の育成に関する企業顧問として活躍中。日独産業協会の特別顧問としても活動している。

 

ベルホームオフィス.LLC 代表 鈴木梨紗

慶應義塾大学を卒業後、大手弁護士事務所での経験を経て司法書士事務所を27歳のときに開業。未経験ながら大手不動産会社等と顧問契約を締結し、法律関係の総合プロバイダー事業を展開。
また、財務省をはじめ各所で専門家向け法律セミナー講師を行う。法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、顧客をはじめとする多くの経営者へ、仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。2016年からアメリカへ渡り、現地コンサルティングサービスと、自立して自分らしく生きたい女性起業家のサポートを開始。

 

自立を幸せ、両方とも手にいれたいあなたへ

わたしたちは女性がさらに輝くための
大人になってからの一歩を応援しています

こんにちは、ドルフィンブックス代表の鈴木梨紗です。
このページを訪れてくださり、ありがとうございます。

「自分が情熱を持てるものを見つけたい」
「自分の好きなことを仕事にしてみたいけれど勇気がない」
「生活だけのために自分をすり減らす働き方から抜け出したい」

誰しもがこのように思ったことが一度はあるのではないでしょうか。

でも、現実はそんなに甘くはない。
子育ても介護もあるのに、大人になってから、

自分の好きなことなんてできるわけがない。

あなたはそんな風に思っていませんか?

日本には大学を卒業して、情熱というよりは生活のためだけに企業で働き、
生活の不安や、周りの目を気にして、何となくしっくりこない気持ちのまま働き続けている人が多くいます。

さらに女性の場合、
結婚・出産を経て、今度は子育てに追われ、
自由な時間を持つこともできないまま時間をやりくりして、
「とにかく働ける」という理由だけでパートの仕事に就く方もいらっしゃいます。

「自分の人生と向き合う時間も余裕もない」といえば、それは事実かもしれません。

「このままではいけない」そう思って、一歩を踏み出そうとしたとき、わたしたちにはこのような壁が立ちはだかります。

もし人と違うことをしようとして、家族や友人から反対されてしまったら?
どうしたら、情熱が持てることを見つけられるかわからない・・・。
フルタイムで働きながら、家族もいるのに、どうやって自分のために時間を見つけたらいいのだろう?

日本でもこういった課題に対する素晴らしい本は山ほど出ています。

でも、いろいろ解決策を日本で模索してみても、やっぱり限界があるのではないか、と感じます。

「人からどうしたらもっとよく見られるか」

「人に迷惑をかけないで生きたい」

「人とうまく無難に付き合うにはどうしたらいい?」

その場しのぎの緊急避難的な解決策で、根本的に価値観を転換するのは至難の技です。

実は、海外には自分らしく生きるためのヒントがたくさん落ちています。

日本よりもワークライフが充実した海外。
94
歳のおばあちゃんもイキイキしています。

海外では、良くも悪くも、「人からどう見られるか」ということよりも、自分の「個」を確立するためのヒントがたくさんあるのです。

「何歳からでも自分らしく生きる」ための価値観がつまった本がたくさんあります。

そんな海外の洋書を通じて、

日本の女性に、自立と幸せのヒントをお届けしたい。

そんな想いから、ドルフィンブックスを立ち上げました。

世界中のどこにいても、
幸せを自分で掴み、自立した人生を生きる大人の女性になるための
役立つコンテンツを配信しています。

何歳からでも自分らしく生きるための学びを
わたしたちと一緒にしてみませんか?

 

今すぐ無料でメルマガ登録する 

 
すぐに役立つコンテンツ

 

今すぐ無料で登録する