オススメ本

【オススメ本】 女性起業家の奮闘記『裸でも生きる3 輝ける場所を探して』

【あなたも本が好きになる!オススメ本 Vol.3
『裸でも生きる3 輝ける場所を探して』】

ある若手経営者の方がこんなことをお話してくださりました。

「世の中の役に立ちたい、と思って始めたビジネスもやってみたらけっこう大変で、
いつの間にか資金繰りのことで頭がいっぱい。

そんなときマザーハウスの山口絵理子さんのメッセージが響いて、自分を元の場所に戻してくれた」

これには深く共感。😌✨

アジアの最貧国バングラデシュで作られたマザーハウスのバッグのコンセプトは、👜

「かわいそうだから買ってもらうのではなく、商品として競争力のあるものを発展途上国から提供する」

山口絵理子さんがマザーハウスを立ち上げるまでのストーリーは「裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記」で拝読していましたが、

新しく出版された『裸でも生きる3 輝ける場所を探して』📗を本屋さんで発見❣️😃

バングラデシュでテロがあったときも、
マザーハウスさんのことが気になっていたので思わず手に取りました。

【ちょこっとあらすじ】
新しい舞台は、バングラデシュ、ネパールからさらに、インドネシアとスリランカへ。🇮🇩🇱🇰

山口絵理子さんの発想、行動力には、壁がない、国境がない。ゼロから1をつくるってこういうこと。
小さな村の職人さんたちを説得しながらジュエリー💎専門店立ち上げていく感動の実話です。

【本のジャンル】
読み出したら止まらなくなる、ノンフィクション感動ストーリー。
山口絵理子さんのこれまでの書籍を読んでいなくても、大丈夫です(*^_^*)

【どんなときに読む本?】
新たな一歩を踏み出したいとき、社会とつながる生き方、働き方を探しているときに、
ゼロから1を作る勇気を与えられます。