早く失敗しよう【ビジネス洋書ブックリレーVol.100】

オススメ本

今週の一冊

今月のドルフィンアカデミーでは、
「アイデアを具体的にテストする方法」
についてお話したのですが、

「マーケティング用語を使わない、
初心者にもわかりやすい本はありますか?」

というご質問をいただきました。

そこで、
本日は、こちらの本をご紹介したいと思います。

「スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと」

この本の始まりは、
著者がスタンフォードの学生に出した
こんな宿題から始まります。

「いま、手元に5ドルあります。
2時間でできるだけ増やせと言われたら、
みなさんはどうしますか?」

一番成功したチームが出したアイデアや、
失敗したチームが改善したこと。

起業を実践で教えてくれる本なのですが、

特に注目したいのは、
こちらの章です。

「第5章 シリコンバレーの強さの秘密
早く何度も失敗せよ」

さっそく、
アイデアを試すときのポイントを
みていきましょう!^^

【ヒント1:シリコンバレーの成功の秘訣は、失敗が財産だから】

著者によれば、
リスクを取ろうとする意欲と
失敗に対する反応は、

国によって大きなばらつきがあるそうです。

たとえば、
タイでは、失敗すると人生をやり直すために名前を変える文化があり、

スウェーデンの破産法では、
事業に失敗すれば、
自分や家族に長期にわたる厳しい罰が待ち受けているそう。

一度、失敗をすると烙印を押されてしまう文化では、
リスクを取ろうとする人は少ないですよね。

これと対極の文化を持つのが、
シリコンバレー。

シリコンバレーの投資家は、
「一度も挫折したことのない人を見ると、
経験から何を学べたのだろうかと不思議に思う」

のだそうです。

失敗を前向きに捉える文化が
成功を生み出しているのですね。

【ヒント2:行動して早く失敗しよう】

著者は、「失敗は財産」という前提に立ち、

「たくさん行動して、早く失敗しよう」と言っています。

サッカーの規則を学んだところで、
サッカーができるようになるわけでもなく、

楽譜が読めたらピアノが弾けるわけではない。

そうは言っても、
失敗して、途中でやめるのはかっこ悪いですよね。

でも、著者によれば、

やめることの最大の利点は、

「何が起きたのかを時間をかけて分析するなら、
やめたことも貴重な経験になる」

ということ。

アイデアを試すうえでは、
質よりも、行動の数なのかもしれません。

【ヒント3:失敗を成功に変えるには、やっぱりABテスト】

本書では、失敗を成功に変える方法として、
ABテストのこんな事例を紹介しています。

スタンフォードの卒業生が設立した会社では、
常にABテストを怠らない。

たとえば、ウェブサイトを作成したときに、

緑の文字で「今日アカウントを取得しよう」と
書いていたとき、

加入率はたったの8%。

「今すぐ簡単サインアップ」に変えると、
加入率は11%に増え、

「30日間無料お試し」に変えると、
加入率は14パーセントに上がった。

著者は、こう言っています。

「こういうタイプの実験(テスト)が、
失敗を成功に変えます。

もともとうまくいっていても、
さらにうまくいくようになります」

いかがでしたか?

本書を読み進めると、
確かにこういうことを20歳の時に知っていたら、
違っていただろうな、、、

と思うことばかりですが、^^;

何かを学ぶのに遅いということはありませんよね。

ぜひ、
本書でのアイデアの出し方やテストの仕方を
山田花子さんの経験と重ね合わせてみてくださいね^^

———————————————–

この本の目次は?

第1章 スタンフォードの学生売ります
第2章 常識破りのサーカス
第3章 ビキニを着るか、さもなくば死か
第4章 財布を取り出してください
第5章 シリコンバレーの強さの秘訣
第6章 絶対いやだ!工学なんて女がするもんだ
第7章 レモネードがヘリコプターに化ける
第8章 矢の周りの的を描く
第9章 これ試験に出ますか?
第10章 実験的な作品

———————————————–

「スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと」

ティナシーリグ著
阪急コミュニケーションズ

<Amazon.co.jpで購入する>

この記事を書いた人
RISA SUZUKI

慶應義塾大学を卒業後、大手弁護士事務所での経験を経て司法書士事務所を開業。未経験ながら大手不動産会社等と顧問契約を締結し、法律の総合プロバイダー事業を展開。
また法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、多くの経営者へ、仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。現在、日本とアメリカを行き来しながら、ベルホーム・オフィス.LLCを経営。

RISA SUZUKIをフォローする
オススメ本
RISA SUZUKIをフォローする
DOLPLHIN BOOKS