ひらめきはカオスから生まれる【ビジネス洋書ブックリレーVol.102】

オススメ本

先日、「片付け」に関するお話をお聞きする機会がありました!

「断捨離」

この言葉が日本に広まって、
もう10年経つそうですよ。

物事をシンプルにしていくことで、前に進めたりしますよね。
でもその時、話に出たのは、
「断捨離」を理由にして、大事な人間関係まで捨ててしまう人がいる、

ということです。^^;

「無駄なことはできる限り省きたい」
「いい情報だけ欲しい」
「自分と違うタイプの人と関わるのは疲れる」

誰しも、
このように感じたことがあると思うのですが、

実は、、他愛もない会話からすごいヒントが得られたり、
一見無駄に思えることから、本当にやりたいことにつながったり。
こういう”ゆとり”というか、スペースみたいなものから、
何かが生まれることもありませんか?^^

そこで、今週ご紹介したい本はこちらです!

今週の一冊

「ひらめきはカオスから生まれる
オリ・ブラフマン著 日経BP社」

カオスというと、
秩序が欠けた状態や、計画性のない行動。
とにかく大変そう^^;

そんなイメージがありますよね。

しかし著者は、
「一見ネガティブに思えるカオスこそが、思いもよらぬ結果を生み出す。
そして、奇跡を起こすんだ」
と言っています。

ご紹介したい本書から得たヒントは、こちらです^^
「カオスから奇跡が生まれる3つのステップ」

カオスから奇跡が生まれる3つのステップ

著者によれば、

「カオスはまず余白(ホワイトスペース)を作り出してくれて、
それが「異分子」の入り込む余地となる。
そこから、思いもよらぬ結果が生まれる」

このように言っています。

ちょっとこのままだとイメージが湧きにくいかと思うのですが、
これをわたしたちの日常に当てはめると、こんな感じかなーと。

【ステップ1】
今までだったら、絶対にやらないようなチャレンジをしてみる
(最初は、たぶんちょっと大変…)

【ステップ2】
今まで関わらなかったような人と出会うことになる

【ステップ3】
自分では想像していなかった成果が生まれる!

こんな感じでしょうか?

この本を読んで、そう言えば、カオスだったなー、と思うことがありました。

それは、あるブログを引き継いだときのこと。

海外の情報を発信するブログなのですが、運営が大変になってきて、
海外に行く人に引き渡したいということで、お話をいただきました。

安易に引き継いでしまったのですが、

引き継いでみたら、たくさんのエラーが出てくるし、
ちょっとびっくりするようなトラブルも抱えていたことが判明!

めちゃめちゃカオスでしたー。。涙

でも、今になってみると、
「奇跡が起きたかも!?」
そう思えるくらい、状況が好転して、
ブログを私に引き継いでくださった方にも、感謝の気持ちでいっぱいです^^

ひとつは、
ものすごい出会いがあったこと。

「発展途上国のNPOを作りたい」
「世界中の人たちの笑顔を写真にしたい」

とても志のメンバーの高いメンバーがブログのライターに加わってくれました。

もう一つは、
「このブログをなんとかしなければ!」

ブログの収益化に向けてコツコツ勉強を重ねていったおかげで、
「ブログってこんなに収益化できるんだ」
自分自身のサービスにも、大きく活かすことができるようになりました^^

この本で言いたいことは、

おそらく「カオスに突っ込めー!!」ということではなく、笑

ゆとりや余裕、本書では、
「余白(ホワイトスペース)を持とう」
こういうことなのではないか、とわたしは思います。

ちょっとスペースを空けてみる。

これだけで、あなたの選択肢がさらに広がるかもしれません^^

 

この本の目次

第1章 カオスを巧みに活用する
第2章 穏やかなカオス
第3章 アインシュタインの頭脳
第4章 ひらめきの神経科学
第5章 裸でサーフィン
第6章 セレンディピティを促進する
第7章 カオスとシリコンバレー
第8章 カオスの五つのルール

「ひらめきはカオスから生まれる
オリ・ブラフマン著
日経BP社」
<楽天・Amazonで購入する>

この記事を書いた人
RISA SUZUKI

慶應義塾大学を卒業後、大手弁護士事務所での経験を経て司法書士事務所を開業。未経験ながら大手不動産会社等と顧問契約を締結し、法律の総合プロバイダー事業を展開。
また法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、多くの経営者へ、仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。現在、日本とアメリカを行き来しながら、ベルホーム・オフィス.LLCを経営。

RISA SUZUKIをフォローする
オススメ本
RISA SUZUKIをフォローする
DOLPLHIN BOOKS