起業2年目から伸びた理由

オススメ本

起業2年目から伸びた理由

おはようございます^^
今日もありがとうございます。

さて、昨日は、

こんな質問をさせてもらいました。

 

このセリフのなかで、

重要なキーワードは、

どれだと思いますか?

 

「そのアイデア自体は

悪くないと思う。

ただ今、こういう事実がある。

 

ほんとうに今が、

やるべき時なのか、心配です…」

 

 

わたしが重要だと思うのは、

このキーワードです。

 

こういう事実がある

“事実”に基づいて判断する

目標だったり、

夢だったり。

 

未来に向かって、

行動していく。

 

その行動の前提には、

必ずと言っていいほど、

「判断」がある?
のではないでしょうか。
 

「これをやろう」

「これはやらない」

 

判断をしてから、

行動に移りますよね?

 

その判断が、

憶測だったり、

思い込みみたいなものに基づくのか、

 

それとも、

「事実」に基づくのか。

 

この差は、

大きいかもしれません。

 

 

わたしは起業してから、
1年目はボロボロでしたが、

2年目、ぐんと伸びました。

 

 

その理由について、

「1年目のがんばりが、
実を結んだのかな?」

ただそんな風に
思っていたのですが、

 

スタッフの子が、
こう言ってくれました。

「数字を共有してもらってから、

当事者意識を持つようになった」

 

「事実」を共有すること。

 

「事実」に基づいて
判断をしていくこと。

 

 

事実を受け止めることは、

現実から逃げないことなので、

 

勇気が必要。

覚悟が必要。

 

 

ちょっとこわいけど、

きっと、
夢や目標に大きく近づく一歩。

 

わたしは
そう、信じています。

あなたは
どう思いますか?^^

 

明日は、

この話から飛躍して、

一冊の本をご紹介したいと思います^^

この記事を書いた人
RISA

慶應義塾大学を卒業後、大手弁護士事務所での経験を経て司法書士事務所を開業。
未経験ながら大手不動産会社等と顧問契約を締結し、法律関係の総合プロバイダー事業を展開。
また財務省をはじめ各所で専門家向け法律セミナー講師を行う。法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、顧客をはじめとする多くの経営者へ、仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。現在は、婚約者ビザを取得するため、日本に帰国中。

RISAをフォローする
オススメ本海外流仕事術
RISAをフォローする
DOLPLHIN ACADEMY