オススメ本

強みなのか?弱みなのか?

おはようございます^^
今日もメールを開封していただき、
ありがとうございます。
 

さて今週は、

「強みをどうやって知る?」

 

そんなテーマでお送りしています。

 

昨日、ご紹介した、
ストレングスファインダー。

わたしの診断結果、
トップ5はこうでした。

 

 

親密性

着想(アイデア)

戦略性

学習欲

自己確信

 

 

トップは、

親密性。

 

これについての
詳しい解説を見たときに、

 

「おお、その通り!」

 

 

わたしは子供の頃から、

 

友達がたくさんいる、

というよりは、

特定の人と
深く深く、関係を築く。

 

そういう性格です。

 

 

クラスでも、
特定の子と、
すごく仲良くなる。

 

派手な子たちとは、
あまり無理して付き合わない(笑)

 

大人になり、

 

仕事でも、
如実にあらわれてきました。

 

具体的には、

 

深く関係を築いた人とでないと、
一緒に仕事ができない^^;

 

価値観を深く共有している人とでないと、
一緒に長く働けないのです…。

 

 

あるセミナーを開催したときに、
こんな声が出ました。

 

 

「隣の人とは挨拶もしない。
どこに住んでいるかも知らない。

その人が、
どんな目標があって、
その会社にいるかも、、、

 

知らない。

 

それでも、
まあなんとか、
働いていけてますね」

 

確かに、
職場で、仕事以外の話は、
一切したくない。

 

そういう方も、
いらっしゃいますよね。

 

 

 

でも、
わたしはたぶん、
3日で音を上げます…笑

 

 

自分で起業しようと思ったのも、

 

根底に友情や信頼関係がある人とだけ、
一緒に仕事をしたかった。

 

そうじゃないと、続かない。

 

というのが、
ひとつの理由です。

親密性って、強みなの?

このことについて、
私はずっと、

 

「自分の弱み」

のように感じていました。

何をやるか以上に、
誰とやるか、が重要。

ちょっと人や環境に左右されすぎている?

そんな風に感じていました。

でも今は、

「これでいい」

そう、思っています。

 

一度信頼関係を築いた人と、
長く長く仕事を一緒にさせてもらい、

 

それが3年、5年、7年と
積み重なっていくと、

 

単に仕事上の関係ではないものが生まれ、

 

「どうやってこの仕事で、
お互いが自己実現できる?」

 

一緒に夢を語れる相手がいることは、
やはり幸せなことだと感じます。

 

また、親密性の人は、

 

自分を人にオープンするのが
得意ではないようです^^;

 

 

このメルマガのように、

 

少しでも価値観に共感してくださった方に、
メッセージをお送りする。

 

それは楽しくできますが、

 

万人の人にメッセージを発信するのは、
ちょっと疲れてしまいます。

 

なので、

 

毎日SNSで自分の写真をアップする。

 

とか、

 

絶対にできない…!

 

SNS集客講座とか、
自撮りの講座。

 

できなそうですね笑

 

そんな私なのですが、

 

でも、だからこそ、

 

同じ価値観や関心事を持つ人だけに、
メッセージを発信し続けていく。

 

このスタイルは、心地よいのです。

 

親密性の解説は、
こんな私のこれまでの人生を

まるっと語ってくれていました。

 

ストレングスファインダーは、
質問に答えていって、

診断結果を出すものなので、

 

自分の成長と共に変わる。

 

と言う人もいます。

 

毎年これをやる方もいるそう。

 

 

わたしも、

久しぶりに受けてみようかな^^

 

一緒にどうですか?

 

それでは、
今日も行ってらっしゃいませ。