[クイズ]どのキーワードが重要?

ライフワーク

[クイズ]どのキーワードが重要?

おはようございます^^
今日もメールを開封していただき、
ありがとうございます。

相手の意見に、
どうしても賛成できない。

でもすぐに、
反対意見を言うのは、
ちょっと、待った方がいい。

昨日は、
ハーバードビジネスレビューから、
こんな記事をご紹介しました。

そして今日は、
時間を置いてみたけど、
「やっぱり、意見が違うなー」

そんなときに
どうやって
意見を伝えるか?

これについてのポイントを
まず、見ていこうと思います。

記事の著者は
昨日と同じく、

ハーバードビジネスレビューの
ライター、Amyさん。

押さえるべき
ポイントは、
3つあるようです。

言いにくい意見を伝える3ステップ

【ポイント1】
自分は違う考えを持っている。
そして、
「それを伝えていいか?」
と相手にaskする

→わたしの考えを
お伝えしてもいいでしょうか?

【ポイント2】
相手が持っている意見を
自分の言葉で伝える。
そして、認識を確認する

→○○さんのお考えは、
○○ということですよね?

【ポイント3】
ゆっくり、ゆっくり話す^^


そのうえで、
相手に建設的な意見をいう。

これが、
重要なステップのようです。

たとえば、
この記事で挙がっている例は、
こんなストーリーです。

ボスが、
社内の新規事業で
ある不動産を取得しようとしている。

これに対して、
あなたは
「それは危険だ」
そう、思っている。

そんなとき、
相手の意見を受け止めたうえで、
こんな風に言うんです。


「そのアイデア自体は
悪くないと思う。
ただ今、こういう事実がある。

ほんとうに今が、
やるべき時なのか、心配です...」

Amyさんによれば、
こんな風に伝えると、
相手は真剣に話を
聞いてくれるのだそう。


いかがでしたでしょうか?

具体的な的を絞って、
建設的な意見をいう。

これで相手も、
「ちゃんと自分の意見について
考えてくれたんだ...」

そんな気持ちに
なるのかもしれませんね。

そして日本語の場合、

「心配しています...」

この言葉は、

あなたのことを
気にかけていますよ~

という気持ちを
伝える効果がありそうですね^^

でも、、実は…


「心配しています...」
この言葉以外に、
もっと?
大事なポイントがある!

そう、わたしは、
思っています^^

「そのアイデア自体は
悪くないと思う。
ただ今、こういう事実がある。

ほんとうに今が、
やるべき時なのか、心配です...」

このセリフの中で、
もっとも重要なポイントは、
どこだと思いますか?


明日は、
この続きについて、
お話してみたいと思います^^
この記事を書いた人
RISA

慶應義塾大学を卒業後、大手弁護士事務所での経験を経て司法書士事務所を開業。
未経験ながら大手不動産会社等と顧問契約を締結し、法律関係の総合プロバイダー事業を展開。
また財務省をはじめ各所で専門家向け法律セミナー講師を行う。法律事務所を経営する傍らワークライフバランスの実践に注力し、顧客をはじめとする多くの経営者へ、仕事と人生のバランスのとり方についてアドバイスを行ってきた。現在は、婚約者ビザを取得するため、日本に帰国中。

RISAをフォローする
ライフワーク海外
RISAをフォローする
DOLPLHIN ACADEMY